「ほっ」と。キャンペーン

ミモザのハッピーコーディネート

ayumimosa.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧

栗の渋皮煮

今日は半日かけて、栗の渋皮煮を作りました。

d0167100_20463813.jpg


こんなにたくさんの栗は、実家の栗畑で父が採ってきてくれたもの。
こんな風にたわわに実っています♪

d0167100_20474669.jpg

d0167100_20481369.jpg

d0167100_20483950.jpg


<栗の渋皮煮>
①栗を熱湯につけて、しばらくおいておく。
d0167100_20503263.jpg


②手がつけられるくらいに冷めたら、鬼皮だけを剥く。
  「くりくり坊主」という栗の皮剥き専用のはさみがあれば、ずいぶん楽。
  ただ、丸くなっている方(座)に傷をつけやすいので注意。少しでも傷がつくと、皮が破れてしまう。
  めちゃめちゃたくさん(100個以上!)あったので2時間近くかかり、指がおかしくなってしまった(汗)
d0167100_20523576.jpg


③なべに栗、水、重曹(大匙2)を入れ、火にかけて沸騰したら15分ほど弱火でアクを取りながらゆでこぼす。
d0167100_21162918.jpg


④泡がたくさん出てきて、赤黒いようなすごいお湯の色になるので、これを捨て、新しいお水に入れて、
  堅い筋などは竹串で取る。


⑤ ③④を計2度繰り返し、最後は、重曹を抜くために、お水にさらすか、新しい水をいれた鍋に入れ、
  沸騰したら水にとり、透明になるまで水を替える。


⑥鍋に水と栗を入れ、砂糖を加え、軽く沸騰したらごく弱火で5分ほど煮、火を消して味をしみ込ませる。
d0167100_21185786.jpg


皮が破れてるのもたくさんあります(汗)
これは味見と称して私のお口へ~♪ う~~ん、おいしいー!

⑦できあがり!
d0167100_21201281.jpg



渋皮にはポリフェノールがたくさん含まれていて、ガン予防になるそうです。
普通の甘露煮とはまた違ったおいしさがあります♪
皮が破れているのを食べていたら、お腹がいっぱい~~~!
手間はかかりますが、秋の味ですね♪





見たよ!のおしるしにクリックを♪
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村
[PR]
by mimosahappy | 2011-09-30 21:27 | 日々のお料理

さんまのミルフィーユ

先日のラ テラス イリゼで頂いた前菜のひと品、さんまとじゃがいものサラダ仕立てが
あまりにもおいしかったので、まねっこしてワタシ風にしてみました。

d0167100_16555547.jpg


三枚におろしたさんまをオリーブオイルで焼いて、冷凍のハッシュドポテトを挟み、バジルソースと
トマトとオリーブオイルを。

我ながら、ワインにぴったりのおかずになりました♪


見たよ!のおしるしにクリックを♪
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村
[PR]
by mimosahappy | 2011-09-29 16:56 | 日々のお料理

体育大会でした

30度超えかと思われる晴天の下、かわゆい中1君からおっさん化した高3までが一堂に会する体育大会。
兄ちゃんにとっては、最後の体育大会。

d0167100_23245592.jpg

d0167100_23263537.jpg


バッチリ日焼けしてしまいました(汗)

コメントのお返事ができていなくてごめんなさい。
明日にでもお返事させて頂きますね♪




見たよ!のおしるしにクリックを♪
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村
[PR]
by mimosahappy | 2011-09-28 23:28 | その他

三つ子の魂 百まで!

芸術の秋♪
いろんなコンサートや催しが目白押しの季節がやって参りましたね!

これは姫ちゃんのバレエの発表会での出来事。
バレエの発表会って、ピアノほど「しーん・・」としなくてもいい、というか、ちょっと気分がラクな部分があります。
でも、だからと言って、マナーがいらないということではないですよね。

私は、ホールの出入り口に立つ係をしていました。

発表会なので、みんな、幼稚園のお友達や学校のお友達もたくさん来てくれています。
始まりのベルが鳴って、発表が始まりました。

・・・おやおや・・・あの辺のちびっ子達がいつまでもコンビニ袋をまさぐって、ガサゴソガサゴソ言わせているよ。
ママはどこ~?と思ったら、ママ達は子供の前の列に2人座って、後ろに座る子供達(幼稚園?)4人ほどには
全く関知せず。

ガサゴソをやめた、と思ったら、今度は席を立って、通路をウロウロこそこそ話をしながら歩き始めました。

「おいおい。親、怒れよ!」

ミモちゃん、すでにキレかけてますが、親は楽しそうに2人でおしゃべりしながら舞台を見ています。
「ウチの子達じゃありません~」って感じ。

心の中で念じます。
「こっちゃこい~~こっちゃこい~~emoticon-0130-devil.gif

うまい具合に、こっちに走って来た来た!私の立ってるドアから外に出ようとやってきました!

「ね、今、みんなが踊ってはるのを見る時間だよ。そんなウロウロしたら他の人の邪魔になるからダメ!
 自分のお席に座ってねemoticon-0152-heart.gif

優し~~く言いましたわよ♪ ・・・とりあえずはね。

そしたら、その子達、びっくりした顔をして(そんなこと言われたことないんだろうね)、こっちを振り向き振り向き
しながら席に戻って行きました。

それからしばらくはおとなしくしてたんだけど・・5分もしないうちに、また席を立ってウロウロして、
私の方へ来ました。(出口、2個しかなかったのよね~ウシシ!)

「静かにお座りしとけないなら、お外に出てね!あなた達がゴソゴソしたら、他の人たちが迷惑でしょう。
 おばちゃん、さっき言ったよね!」

しゃがんで、子供達と目線合わせて、かなり睨んで言った。

また「あのおばさん、誰~~?」って顔をしながら、席に戻った・・ら、今度はこそこそおしゃべり、
ガサゴソレジ袋・・・

どうしてお母さん達、我が子達がやかましい、って気づかないかなあ???
自分達だけ、素知らぬ顔して前向いて座ってるの!なぜ???
後ろでガサゴソ、ごそごそしてるって分かるよね??

もうアカン!

その子達のところへ行った。
そして、ご歓談中のママ達の背中とんとん。

「あの。失礼ですけど・・さっきからお子様達がうろちょろされて、ごそごそしはって、他のお客様に御迷惑ですから、ちょっと子供さん達の様子を見て頂けませんか?」

キレイ~~な今風のお若いママ達でしたわemoticon-0155-flower.gif

でも、私は首から「スタッフ」ってかけてるし、コワそーだし、やっぱびびったか?^^;
「すみませ~~ん・・・」と言って、ちょっと後ろの子供達に「しっ!」「ダメでしょ!」って。。

子供達は、というと、それはもう、怪物でも見るような眼で、後ろばっかり振り向いて、私を見ていた(爆)
たぶん、コワイ、というよりも、「あの人、なに?」みたいな感じで。

****
 
いつも思うんですけれど・・・
「小さいから、言っても分からない」じゃなくて、逆でしょ!
「小さい時に体にしみこませないと、大きくなってからじゃ絶対ムリじゃないですか?」って。

電車の中、お店、博物館、美術館・・・「ここは他の人もいて、静かにするところ。」
発表会、演奏会・・・「静かに舞台を見るところ。つまらなくても、とにかくじっと静かにしておくところ。」
それと、ご挨拶!「ありがとう」「ごめんなさい」「おはよう!」「おやすみなさい」「こんにちは」「お先に」・・・
ご挨拶の話は今回はおいておくとして。

いきなり歌舞伎やオペラを見に連れていく、ってわけじゃないんですもの、お友達の発表会でこそ、
いい練習じゃないですか!

幼稚園なんて、もう半分大きい子、の部類ですよね!
本当は幼稚園に上がるくらいまでの時に、そういうことは理由関係なく叩きこむべきことじゃないかなあ。
よくいますよね・・電車の中で、みんな静かにしてるのに、孫に大声で話をさせているおじいちゃんおばあちゃん。
我が子、我が孫はかわいいのかもしれませんが・・・迷惑だっつーの!
演奏会、発表会も然り!
私だったら、口をふさいで睨みつけますけど!

せめて・・幼稚園の間くらいまでにそういうことを教え込まないと・・・ゆくゆくは、電車の中でモノを食べたり、
お化粧したり、大声で友達としゃべる子達になっていくんじゃないかしら~。。。

でもね。
子供達が悪いんじゃなくて、私達親、がいけないんだと思うんです。

子供達の学校行事で親が集まると・・・ついついおしゃべりに花が咲いて、先生が前に立たれてもいつまでも
ぺちゃくちゃ、こそこそ声が途切れなかったり・・・

まずは自分達が当たり前のことができているか、ですよね。。。
「子は親の鏡」と言いますものね。。。
すでに立派なおばちゃんとなった私達・・・まずは我が身を気をつけましょう~~~ですわね!emoticon-0107-sweating.gif




見たよ!のおしるしにクリックを♪
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村
[PR]
by mimosahappy | 2011-09-27 12:27 | 子育て・親育て・教育

帝国ホテルのカップ&ソーサーでモーニングコーヒーを♪

このカップ&ソーサー、フランク・ロイド・ライトが設計した、旧帝国ホテル ライト館で使われていた
ライトのデザインした食器のノリタケ製復刻版。

d0167100_1840232.jpg


アール・デコの特徴的な幾何学模様が描かれたモダンなデザイン。

日曜の朝のテーブルに。

d0167100_18453174.jpg


といっても、普通の食パンに、ニトリのランチョンマットですが♪
このランチョンマット、撥水加工されていて、1枚290円也!emoticon-0115-inlove.gif 




見たよ!のおしるしにクリックを♪
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村
[PR]
by mimosahappy | 2011-09-25 18:49 | テーブルコーディネート&お花

”美人(べっぴん)スイーツ”で美人度UP!

素晴らしいディナーの後、ここからが本番!

ラ テラスさんプロデュースの”美人(べっぴん)スイーツ”の新作の試食会です♪

すでに発売中の高純度コラーゲンが2000mgも入った「お肌ぷるんプリン」、ヒアルロン酸100mg入り
「お肌ぷるるんゼリー」に加えて、新発売予定の丹後産シルク+低分子ペプチドコラーゲンが入った
「べっぴんロール」、ケフィアヨーグルト+植物繊維の入った「純白チーズケーキ”美迫”」、
鉄分たっぷりの「鉄人ショコラ」、利休園の抹茶にカテキンを加えた「抹茶のロールケーキ」

こんなにたくさん頂いてしまいました!

d0167100_11382750.jpg


d0167100_11391247.jpg


有名なパティシエさんが、美容とおいしさの両方を追求して作られたケーキ達。
いろいろな苦心があったそうです。

ケーキの先生やケーキ屋さんの奥様や、スイーツ評論家の方など・・そうそうたるブロガーさん達に交じって、
一般おばさんとして(笑)こんな意見が役に立つのかわかりませんが、一生懸命お味見させて頂きました!
私は、美迫チーズケーキがあっさりしていて気に入りました♪

お土産には、植物性ステロール配合「ベジタブルフィナンシェ」を頂きました♪

d0167100_11522148.jpg


野菜ソムリエさんが監修されたほうれん草、トマト、黒ゴマ、豆乳などの入ったヘルシー感いっぱいの、
色もきれいなフィナンシェでした♪

主催して下さった皆様、細部に渡ったお心遣い、本当にありがとうございました!
貴重な体験をさせて頂きました。
とてもおいしく、楽しく頂きました!


これらのスイーツは・・・

「La Terrasse」 あやめ池本店 (池のほとりの、とっても素敵なレストラン&カフェです)  
     0742-40-0067

☆パティスリー「La Terrasse」 LUCUA店 (テイクアウトのみ)
     06-6151-1212

にてお買い求めできるそうですよ!
ぜひ、皆様も、美人スイーツで、ますます美人度アップemoticon-0165-muscle.gifして下さいね~♪



見たよ!のおしるしにクリックを♪
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村
[PR]
by mimosahappy | 2011-09-24 12:03 | スイーツ

池のほとりの本格フレンチ@ラ テラス イリゼ・あやめ池

夕闇迫る奈良のあやめ池のほとり・・

d0167100_95620.jpg


こんな素敵な場所に、こんな素敵なレストランが出来ていたんですね♪

フレンチレストラン ラ テラス イリゼ

d0167100_9101724.jpg


今夜はこの方に素敵なイベントにお誘い頂いて、楽しみにやって参りました♪
仲よしブロガーさん達や、はじめましてのブロガーさん達と御一緒に、ゴージャスな夜の始まり始まり~♪

こちらのシェフはリッツカールトンのラ・ベを経てアメリカに渡り、お勉強されてきたお若いイケメンさんでしたが、
お料理どれも素晴らしい!

アミューズ。
パテの下には秋ナスを使ったマーマレード。
マスタードがアクセントになっていて、おくらの葉っぱが載っています。おいしい~!もっと食べたい(笑)
d0167100_9141197.jpg


前菜。
さんまとジャガイモを使ったガレットに、いろいろなソースが絵を描くように配されていて、盛り付けも美しい♪
さんまの肝を使ったソースがとてもいいわ~♪
d0167100_918867.jpg

d0167100_9182656.jpg


スープ。
玉ねぎ・人参・セロリ・生クリームにあさりのだしを加えたスープ。
手長えびのラヴィオリが入っています。
とてもお上品だけれど、いろんな旨みが凝縮されていて、おいしい♪
d0167100_9195186.jpg


お魚。
甘鯛をうろこのまま焼いて、きのこの風味のリゾットが、ふわふわの泡のおソースの中に添えられています。
うろこ焼きって最近よく見るけど、たまにちゃんと焼けてなくて堅いのがあったりしますが、
こちらのは、今まで頂いた中でも一番カリッと上手に焼けていて、絶品でした!
上に載ってるのは、えのきの素揚げ。
d0167100_9224881.jpg

d0167100_923841.jpg


お肉。
シャロレー種というヨーロッパのお肉の品種のフィレ肉。リードヴォーもおいしくて、
卵黄を使ったソースとともに、クラッシックな部類のお料理だそうですが、火の通し具合も柔らかさも絶妙♪
d0167100_925116.jpg


どのお料理も本当においしかった!
その上、こちらはワインが充実しているようです♪
ソムリエの資格をお持ちの方が何人もいらっしゃって、料理とともにワインも楽しむべき!
d0167100_9304935.jpg



そして、これからがいよいよ本番!
こちらのレポは次回~♪


現在、ミモザは「ミモザのハッピーコーディネートvol.2」に引っ越して、楽しいことを綴っています。
よろしければどうぞご訪問下さいね!



見たよ!のおしるしにクリックを♪
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村
[PR]
by mimosahappy | 2011-09-23 09:36 | おでかけ

見たことない天丼!@天丼 平右衛門 ・高槻

パパが「いっぺん行ってみたい店がある」と言うのでお昼を食べに行った。
天丼の店 天ぷら 平右衛門(へえもん) さん。

場所は失礼ながら、ちょっと分かりにくいところにあるのです。
ウチ(枚方)からだったら、枚方大橋を高槻に渡って、堤防を京都方面に走り、途中で堤防を下りた、
意表をついたところにあります。
電車とかではちょっと行けないんじゃないかな~^^;

なのに!激混み!
お昼はメニューも、天丼と天とじ丼しかないのですが、私達は秋の限定、という豪華版の天丼を頂きました!

d0167100_10423542.jpg


なんだか、ぴゃ~~っとなってるの、なんじゃこれ?!でしょ?(笑)
これはえのきの天ぷらなんですって!
初めて見ました!
こんなキレイに広がっていて、さくさくのパリパリで、塩がかかっているので、まずは塩味で、
まるでチップスのように頂きます。
香ばしくておいしいです~!

裏側はこんな感じ♪

d0167100_10442710.jpg


豪華でしょう?
海老の天ぷら2本に、かぼちゃにししとう、白身の魚をシソ巻きしてあるのも載っています。
何が秋限定かというと、海老の1本が、マツタケを衣にして揚げてあるの!いい香り~~~♪ 贅沢贅沢!
限定じゃなくても、これだけの具材が載っているので、大満足です。
お米もピカピカで、うれしくなります~♪ 

お店は清潔感があって、天丼のセットについてくるお浸しやお吸い物(この日は冷たいお吸い物で、
じゅんさいやもみじの麩が入っていて、とってもきれい♪)がとても上品で、割烹のよう。

最後まで飽きずに、と~ってもおいしく頂きました!
ごちそうさまでした~!






見たよ!のおしるしにクリックを♪
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村
[PR]
by mimosahappy | 2011-09-22 10:57 | ランチ(その他)

白洲正子さんの「かくれ里」を訪ねて@湖北・菅浦

琵琶湖の北の端ににぽっかりと浮かぶ、人は住まず、神のみが住む島、竹生島(ちくぶしま)。

d0167100_1246753.jpg


この島影を見つけると、湖北に来たんだなあと実感させられます。

思いがけなく、私の愛読書・白洲正子さんの「かくれ里」の地を訪ねる旅をすることができました。

訪ねたのは、琵琶湖の最北端、塩津の西の半島にある、菅浦(すがのうら)という小さな小さな集落。
この集落への道は1本しかありません。
三方を山に囲まれ、南は湖、東は行き止まりという、まさに秘境といえる集落です。

d0167100_12584515.jpg


この地には、奇想天外な伝説がずっと息づいています。
菅浦の人々は、天武天皇の孫、淳仁天皇に仕えた人々の子孫だと信じています。
淳仁天皇は、藤原仲麻呂の乱(恵美押勝の乱)に巻き込まれ、無実ながらも淡路へ流された悲劇の帝。
歴史書では淡路島の高島に幽閉され、その後脱走を図ったのが発覚して殺された、とあるのですが、
菅浦の言い伝えでは、「淡路」は「淡海」の誤りで、高島も、湖北の高島だというのです。
この村への唯一の道が通る岬は「葛籠尾崎(つづらおさき)」といい、これも、帝の遺体を奪って、高島から
つづらに入れて運んだことから名づけられた、と言います。

帝をお守りしていた土地だからか、つい最近まで極端に外部との接触を嫌う集落だったそうです。
村の入り口にある四足門。東西南北すべての出入り口にあり、人の出入りを検札していました。

d0167100_13155813.jpg


淳仁天皇のお住まいだったと言う「須賀神社」。

d0167100_13202831.jpg


もとは「保良神社」といい、帝の仮宮だった「保良の宮」跡だということです。
保良の宮は、滋賀の石山とも信楽とも、まだ定かではありませんが、この、自然の要害のような湖北の地に
悲劇の帝をお守りしていたとしても、不思議ではない感じがします。

この神社の本殿には淳仁天皇が祀られており、本殿の裏には帝の舟形の御陵があるそうです。

その御陵に続く、長い長い参道。

d0167100_1403858.jpg

d0167100_13233472.jpg


山の斜面をずいぶん登っていかなければなりません。
テレビで見る、ピラミッドの内部の通路のように、長い長い坂道が続きます。
不思議なことに、私達が参道を進んでいくと、山のカラスが頭上でカーカーと鳴きわめいているのです。
まるで「よそ者が来たぞ!帝をお守りしろ!」と言っているかのように。

本殿の下には、こんな案内が。

d0167100_13265682.jpg


白洲さんが訪ねた時には、靴を脱がされ、裸足で御参りされたのだそう。
私達は下駄箱にあったスリッパをお借りして・・・(本当はよそ者はここから先には入ってはいけなかったのかもしれないとも思いましたが・・・)

d0167100_13282995.jpg


本当に何かいる、と感じさせられる本殿。

d0167100_1333620.jpg


淳仁天皇は、崇徳天皇とともに、無実の罪を着せられ、無念のうちに廃せられたため、とても強力な怨霊となって都に祟った方なのです。。。
この二帝は京都の白峯神宮に、魂鎮めのために最上級の扱いをもって祀られております。
(今は、白峯神宮はサッカーの神社として修学旅行生に人気の神社となっていますが、本来は、怨霊封じのための神社なのです。)

参道を下っていくと、こんな景色が広がります。

d0167100_13375233.jpg


左にちょっぴり見えているのが集落。

集落を出て、奥琵琶湖ドライブウエイから菅浦を眺めると・・・

d0167100_13391284.jpg


右の木立のところに見えているのが菅浦。
一直線に見えるのが、私達が参った参道。本当に長いですね。



この小さな小さな集落に伝わる伝説は、史実ではないかもしれません。
でも・・・この村の人々は、1300年以上もこの言い伝えとともに生きてこられたのでしょう。
村の人々にとっては、まぎれもない村の歴史であり、誇りを持ってこの言い伝えを守ってきたのでしょうね。
お気の毒な運命を辿られた若い帝を、こんな人里離れた小さな村の人々が大切に思い、かしづいていたのは、
案外本当だったのかもしれないと、21世紀の今でも思わせられるかくれ里でした。

d0167100_13455270.jpg





見たよ!のおしるしにクリックを♪
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村
[PR]
by mimosahappy | 2011-09-20 13:57 | おでかけ

嗚呼!青春の合唱コンクール

先日、合唱コンクールが行われました。

次男君のクラス、中3のトップバッターで歌ったのですが、よく声が出ていてさすが中3!という感じでした!
クラスのみんなも、全員が手を抜くことなく、心が指揮者の方を向いていて、一生懸命さが伝わってくる
力強い演奏でした!

中1君達は天使のようなボーイソプラノで心洗われる清々しい合唱だったし、中2の子達は、声変わりでちょっと声が出にくいけれど、頑張って歌っていました。

中高別で、クラス対抗で争われるこの合唱コンクール。
選曲から伴奏、合唱の練習など、すべてを自分たちで行うので、クラスの団結やまとまりがとっても強まるんです。

でも、部活や文化祭の準備があったり、ふざけたりする子もいたり・・・なかなかどのクラスも苦心するみたいで、
次男君も次男君なりに練習の持っていき方やなんかを、同じオケ部で中心になってくれてる子達とも相談しながら、やっていたみたいです。

次男君は家ではあんまりモノも言わないし、合唱の進み具合もよく分からなくて、
「学校ではどうかなあ・・もしかして、熱心すぎるあまり、暴走して、クラスの子達から嫌がられてないかなあ・・」などなど、実はちょっと心配していました。

でも、ありがたいことに、クラスのお母さん達が「次男君が引っ張ってくれるから、このクラスは安心!」「指導がめっちゃうまいってウチの子言ってたよ!」などなど、社交辞令半分としても(笑)次男君をクラスの子達が受け入れてくれているようだったので、ちょっとほっとしました。

兄ちゃんに言わせれば「野球部の後輩が言うてたで!「弟、めちゃ仕切ってやばいっすよ~!」ってemoticon-0116-evilgrin.gif」!
emoticon-0136-giggle.gif・・・でしょうね!(笑)
まだ中学生だし、そこまで合唱に賭けてる子ばっかりじゃないだろうし、絶対温度差はあるよね。
先生からのコメントにも「時には言い争ったことも、意識を高めるのに役立ったはず」とありました。
きっとみんなとぶつかったり、反対意見が出たりしたかもしれないけれど、それも次男君にとって、自分の思いをどうすればみんなにちゃんと伝えたり、みんなが動いたりしてくれるかを勉強させてもらえる素晴らしい機会だったと思いますemoticon-0100-smile.gif



そして、中高最後の合唱となる兄ちゃん達高3、どのクラスにもドラマがあったんですって。

毎年、高3は優勝クラスは卒業式の日の謝恩会で、みんなの前で歌わせてもらえるそうで、それはそれは涙涙の感動の瞬間なのだそうです。
だから、どのクラスも優勝、最優秀賞を狙って、受験生だというのに、夏休みも出てきて練習したり、平日は
夜の7時半まで練習するんだそうです。

次男君の話をしていたら、兄ちゃん、「俺らのクラスも、昨日、授業返上で涙の討論会やったんやで!
俺も泣いたし!」と。

なんでも・・・
みんな、予備校の授業があるからそろそろ帰らせて~~と思っても、燃えてる元オケ部や合唱命!の子達の中でとても言いだせる雰囲気じゃないらしい。
やっぱり高3で、最後の合唱だと言っても、勉強が気になる高3生・・・「ここまでやるの?」という意見や、
いろんな意見が飛び交って、みんな涙ながらの意見交換になったそうです。
そんな中、
「本当にこれがこの学校でみんなで出来る最後の合唱になるから、どうかみんな、協力して下さい!」と涙ながらに指導する子達が言ったそうです。
兄ちゃん達が、
「こいつら、こんな頑張ってくれてるんやし、みんな、頑張ろうぜ!!」・・・「そうだ!頑張ろうぜ!優勝しようぜ!」・・・・とまるでドラマのような学級会だったそうですemoticon-0142-happy.gif

どのクラスもそうだったらしくて・・・

だから・・・

もう、高3の演奏は、鳥肌が立つくらい素晴らしくて、どのクラスも感激で
申し訳ないけれど、高1、高2の子達とは気迫も違うし、レベルも全然違う!
兄ちゃん達だってそうだったんですよね。中学の時も、高1、高2の時も、そこまでうまいとも思わなかった。
なのに!高3になったら、なぜこんなに素晴らしい合唱ができるのかな?

ちなみにこんな曲。ちょっと聞いてみて下さい。



こんな、合唱団が歌うような無伴奏の合唱組曲ばっかりみんなやるんですよ~!
どうやって音程とるんだ~~~っていう・・・(笑)
ピアノとフォルテもすごく差があって、囁くような声でも、歌詞がしっかり伝わる。
これが・・・あのボーイソプラノでかわいく歌っていた子達かと思うと・・・本当に涙が出ました。
歌う前、控室で円陣を組んで気合いを入れて・・・歌い終わった後、みんなで抱き合って泣いたって・・・。
青春してるね~~~!!羨ましい!!(笑)

中学も高校もどちらも賞の発表はまだなのですが、次男君も兄ちゃんもそれぞれの学年・立場で
いい合唱ができたね!
こんな風に、クラス一丸となって一生懸命頑張れるこの学校の子達。大好きだなあ~!emoticon-0115-inlove.gif
この学校で過ごせてよかったね!





見たよ!のおしるしにクリックを♪
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村
[PR]
by mimosahappy | 2011-09-18 08:35 | 子育て・親育て・教育